聖路加国際病院附属クリニック 聖路加メディローカス

クリニック紹介

当院は聖路加国際病院の
よき伝統を背景にした
プライマリ・ケアと予防医療に
特化したクリニックです。

「伝承×創造」
新しい場所で、新しい聖路加を

聖路加国際病院は創設(1901年)以来キリスト教の愛の精神のもと、その時々の社会動向や環境の変化、そしてさまざまな医療ニーズを敏感にとらえ、次代の病院像を描きながら進化・発展を続けてきました。その間に培われた「患者の心と体に寄り添う医療と看護」そして伝統の「チーム医療」は今やスタンダードとして全国に広がっています。

また1954年に日本にはじめて人間ドックを行ったパイオニア病院の一つとして、その先進性、先見性はわが国に予防医療を根付かせる上で大きく貢献して来ました。

そして2012年に、ここ大手町一丁目に聖路加メディローカスをオープンしました。江戸期から金座に始まる日本の経済中心地である大手町は、国際的なビジネス街という側面だけではなく、歴史的建造物とアートが交わる場所でもあります。そんな大手町に来られる方々のために、聖路加国際病院の強力なバックアップを背景に、良質のプライマリ・ケアと安心の予防医療を提供いたします。

聖路加国際病院 院長 石松 伸一
聖路加国際病院 院長
石松 伸一

聖路加メディローカスは、聖路加の伝統を背景にしたプライマリ・ケアと予防医療を提供するクリニックとして、2012年10月に開設されました。国際金融街として発展しつつある大手町に位置し、国際色豊かな雰囲気の中、外来診療・健診・他医療機関からの検査の受託を行っております。また、会員制の健康サポートとしてメディローカスクラブを展開し、和やかでフレンドリーな医療の提供を目指しております。

専門医がおります診療科は、一般内科・循環器内科・消化器内科・呼吸器内科・心療内科・神経内科・女性診療科・乳腺外科・皮膚科と幅広く、一般診療からより専門性の高い疾患まで対応可能です。いずれの診療科も聖路加国際病院と密に連携しており、さらに特殊な検査、治療が必要な場合や緊急時には、聖路加国際病院を紹介させていただきます。また、画像診断機器が充実しているところも当クリニックの強みの一つです。超音波、CT、MRI、PET-CT、内視鏡など最新の機器を有し、健診・診療・他院からの検査の受託など様々な医療の場で活用されています。診断結果は、即座に放射線専門医、内視鏡医が読影を行い、担当医に報告しております。

外来診療の他にも、婦人科も特化したウィメンズドック・早期がん発見に特化したPET-CT検診を行っておりますので、皆様の健康管理にお役立て下さい。

最後に、メディローカスクラブのご紹介をいたします。ご入会いただきました会員様には、人間ドックの受診を中心に、医療と運動を融合させた健康管理プランを提案、一人ひとりの健康状態やライフスタイルに最適なサポートをしております。健診の結果で、専門的な診療・治療が必要と判断された場合は、当クリニックでフォローいたしますと同時に、聖路加国際病院をはじめとした適切な医療機関を速やかにご紹介いたします。

より多くの皆様に健康と、より安全で確実な医療を提供できるものと確信しております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

聖路加メディローカス 所長 本多 一文
聖路加メディローカス 所長
本多 一文

概要

名称 聖路加国際病院附属クリニック聖路加メディローカス
所在地 〒100-0004
東京都千代田区大手町一丁目9番7号
大手町フィナンシャルシティ サウスタワー2階
交通案内
開設年 2012年
所長 本多一文
事業内容

外来診療

平日9:00~18:00(最終受付 17:30)
土曜日10:00~15:00(最終受付 14:30)
日曜日・祝日休み

診療科

専門外来

検診

会員制健康サポート

検査機器

PAGE TOP