聖路加国際病院附属クリニック 聖路加メディローカス

呼吸器内科

『日中の眠気と「いびき」・長引く咳・肺癌の疑い?』
・・まず、メディローカス呼吸器内科へ
風邪の後なかなか咳がおさまらないいわゆる「慢性咳嗽」を訴える患者さんの中には、単に気管支炎だけではなく、気管支喘息や間質性肺炎・COPDなど呼吸器自体の病気が隠れていることがあります。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、成人男性では人口の4%以上といわれ、放置すると脳卒中等重大な病気を合併しやすくなります。当施設ではSASのスクリーニング検査はもとより、治療としてのSAS外来を開設しています。
また、健診での胸部X線の異常陰影は、その後十分検査を行なわなければ、肺癌を見逃すことにもなりかねません。当施設ではCT・(PET-CT可能)・MRI等を用い、呼吸器内科専門医師が、受診当日にある程度の診断の方向性を付けることが可能です。さらに必要な検査(気管支ファイバースコープ等)があれば聖路加国際病院へと連携し、治療を進めていきます。

『日中の眠気と「いびき」・長引く咳・肺癌の疑い?』
・・まず、メディローカス呼吸器内科へ
風邪の後なかなか咳がおさまらないいわゆる「慢性咳嗽」を訴える患者さんの中には、単に気管支炎だけではなく、気管支喘息や間質性肺炎・COPDなど呼吸器自体の病気が隠れていることがあります。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、成人男性では人口の4%以上といわれ、放置すると脳卒中等重大な病気を合併しやすくなります。当施設ではSASのスクリーニング検査はもとより、治療としてのSAS外来を開設しています。
また、健診での胸部X線の異常陰影は、その後十分検査を行なわなければ、肺癌を見逃すことにもなりかねません。当施設ではCT・(PET-CT可能)・MRI等を用い、呼吸器内科専門医師が、受診当日にある程度の診断の方向性を付けることが可能です。さらに必要な検査(気管支ファイバースコープ等)があれば聖路加国際病院へと連携し、治療を進めていきます。

このような症状の方は
当科へお越しください

  • 息切れ、呼吸困難、咳、痰などの呼吸器症状のある方
  • 健康診断や人間ドックのレントゲンなどで胸部異常陰影を指摘された方

外来診療スケジュール

AM 藤井 藤井 藤井 藤井 藤井(第1・3)
PM 藤井 藤井 藤井(第1・3)

医師紹介

藤井 さと子 Satoko Fujii

メッセージ

聖路加国際病院や大学病院で得た知識や経験を生かし、皆様の症状が少しでも和らぎ、健やかな日常を過ごせるよう、サポートさせていただきます。
肺炎、胸部異常陰影の二次検査、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、睡眠時無呼吸症候群、禁煙外来などの呼吸器専門分野のほか、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病や一般内科全般の診療もしています。健康のことでお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願いいたします。

主な経歴

聖路加国際病院 内科レジデント
東京慈恵医科大学付属第3病院 呼吸器内科レジデント
東京慈恵医科大学 呼吸器内科 助教

認定資格

日本内科学会 認定医・総合内科専門医
日本呼吸器学会 専門医・指導医
日本アレルギー学会 専門医
日本睡眠学会 認定医
医学博士

対応する主な疾病・疾患

  • COPD(慢性閉塞性肺疾患)
  • 気管支喘息
  • 間質性肺炎
  • 呼吸器感染症(インフルエンザや肺炎、肺結核や非結核性抗酸菌症など)
  • 肺癌
  • 睡眠時無呼吸症候群など
PAGE TOP